骨粗鬆症

コラーゲンを摂取する際の注意点

コラーゲンを摂取する際には注意すべき点があります。
それは相性の良いものと悪いものを正しく見極める必要があります。
成分によってはコラーゲンの効果を最大限に引き出すものもあれば、半減させるものもあります。

コラーゲンと相性のいいものは「ビタミンC」です。
体内でコラーゲンが安定して維持するためには不可欠な成分なのです。
サプリメントなどでビタミンCを一緒に摂るのも良いですが、やはり食事でビタミンCを補うことも忘れてはいけません。

コラーゲンの効果を最大限に引き出すには、不足しているトリプトファンを摂取するために
魚や卵からたんぱく質を摂取するのも大切です。
ほとんどの女性がたんぱく質不足といわれていますので、コラーゲンとたんぱく質は一緒に摂ることをおすすめします。

また、美肌効果にはエラスチンと一緒に摂取すると良いでしょう。
エラスチンと同時摂取することによって、ヒアルロン酸の産生量が増え、美肌効果が期待出来ます。
せっかくのコラーゲンの効果を下げてしまうのは「糖質」です。

過剰な糖質は、コラーゲンを変性させ劣化をすすめ、血中の高血糖状態は糖化を促進してしまいますので、高血糖状態を避け、糖質を控えめにすることが大切です。
さらには、揚げ物などの高脂肪食に注意しましょう。
糖質と脂質の過剰摂取はコラーゲンの効果を低下させますので、摂りすぎにはくれぐれも注意が必要です。

このページの先頭へ