骨粗鬆症

食生活の改善でコラーゲン不足を解消

偏った食事、食事制限の無理なダイエット、喫煙、過度の飲酒、運動不足などでコラーゲン不足に陥ると、代謝機能が低下し、体は急速に老化してしまいます。
コラーゲン不足を解消するには、まず食生活を見直すことからはじめます。
コラーゲンを含む食材として、フカヒレや牛スジ、手羽先、うなぎ、すっぽんなどが有名でありますが、これらの食材を摂っても直接吸収される訳ではなく、合成を助ける成分がなければ何にもなりません。

コラーゲンはたんぱく質の一種でもあり、体内に入ってしまえば他のたんぱく質と同じでエネルギーになってしまいます。
エネルギーとして摂取しても、そのまま吸収されるのではありません。
大切なのは体内に入ってからの「コラーゲンの合成」です。

コラーゲンはアミノ酸を元として体内で合成される際、人体はビタミンCを必要とします。
なので、摂取する際はコラーゲンの合成を助けるビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、コエンザイムQ10を一緒に摂るようにしましょう。
ビタミンCはこのチカラの収集を助けて、コラーゲンの生成を促進します。
ビタミンEは新陳代謝を活発にし、老化を防ぎます。
コラーゲンを補うためにはビタミンCは欠かせない成分です。

このページの先頭へ