骨粗鬆症

コラーゲンとセラミド

セラミドは肌に潤いを与える成分です。
角質層にある細胞と細胞の間をつなぐ役目をしています。
セラミどの最大の特徴は、水分と油分をしっかりと抱えこみ、まるでスポンジのように吸収します。

さらには、肌を保護する力に優れています。
セラミドが正常に機能していれば、うるおいのある健康的な肌が保てます。
年齢とともにセラミドが減少していくと、内外からセラミドを補う必要があります。

セラミドは、強力な保湿作用で肌の潤いを守るため、外側のセラミド、真皮の70%を占める内側からのコラーゲンとの相乗効果で、ハリのあるみずみずしい健康的な肌を作ることが可能なのです。
しかし、どんなにコラーゲンやセラミドが効果を発揮しても、体の中までケアすることは出来ません。
肌を保護するバリア機能には優れていても、体内の老化を阻止することは出来ないのです。

新しい肌を作るには、化粧品のみでは限界があります。
食事やサプリメントで、体の中から老化を阻止しながら、外側からのスキンケアを併用することで、より効果的な美容効果が期待出来ます。
生活習慣を見直し、バランスの良い食事をすることが美肌への近道です。
スキンケアをする際には、ハンドケアを忘れずに行いましょう。
効果的にスキンケアをするためには、まず、手のひらをケアすることが何より大切です。

このページの先頭へ