骨粗鬆症

コラーゲンが身体に良い理由

コラーゲンは、血管や皮膚、髪、歯など、体のほとんどの組織に存在する繊維状のたんぱく質であり、体を構成するすべてのたんぱく質の30%を占めています。
すべてのコラーゲンのうち、40%は皮膚、20%は骨と軟骨に存在し、内臓や血管など、広く全身に分布しています。
骨は生体のカルシウム代謝を調節する非常に重要な器官です。

骨の生成にコラーゲンは不可欠な存在であり、不足すると骨粗しょう症の原因にもなります。
コラーゲンは、体を構成する大切なたんぱく質であるため、日常の食生活から常に補給しなければなりません。
コラーゲンが体にもたらす効果として、爪が丈夫になる、髪にハリやコシを与え髪そのものを太くする、丈夫な骨を作る、傷が治りやすくなるなどがあげられます。

コラーゲンはその効果を最大限に発揮するためにも、ビタミンCと一緒に摂取しましょう。
ビタミンCは、体内でコラーゲンの効果を維持させるために絶対必要な成分といわれています。
過剰な糖質や揚げ物などの高脂肪食を摂取し過ぎることで、せっかくのコラーゲンの効果を激減させてしまうため、糖質と油脂の摂り方には注意が必要です。
コラーゲンの糖化は肌のたるみの一因です。
糖質は控えめに、青魚の脂など体に良い脂を摂取するよう心掛けましょう。

このページの先頭へ