骨粗鬆症

コラーゲンってどうやって吸収されるの?

コラーゲンを摂取すると、胃の中の酵素によって分解され、オリゴペプチドとなります。
そして小腸でアミノ酸へと分解されます。
その後アミノ酸は小腸から毛細血管に入り、肝臓へ運ばれます。

さらに心臓へ送られ、各組織の細胞へ取り込まれていきます。
この時の小腸の働きが非常に重要であり、小腸そのものの働きが弱っていたり、コラーゲンの分解、吸収が行われるための酵素が不足していたりすると、せっかく摂取した栄養素がうまく分解されないのです。
小腸で消化不良を起こしてしまうと、コラーゲンの栄養素を吸収出来ないまま体外へ排出されてしまいます。

コラーゲンの効果を最大限に発揮させるためには、まず、小腸の働きを整えて、栄養素を消化吸収しやすい体にしておく必要があります。
消化吸収しやすい体をつくるためには、腸内酵素を増やすことが大切です。
腸内酵素を増やすには、腸内細菌を活発化させましょう。

省内細菌が活発化することで腸内環境が整い、効率良くコラーゲンの消化吸収が行えます。
さらに、コラーゲンを構成する必須アミノ酸が必要です。
必須アミノ酸は体内で生成されないため、食事で補う必要があります。
鮭や鯵などの魚やチーズ、卵などをコラーゲンと一緒に摂取することで体内でコラーゲンを合成することが可能になります。
コラーゲンを合成させるためには、ビタミン、ミネラルを十分に摂取しましょう。

このページの先頭へ