骨粗鬆症

コラーゲンを効率よく取り入れるには

牛スジやフカヒレ、手羽先やスッポンなどのコラーゲンを含む食材はさまざまで普段からそれらの摂取は必要ですが、それだけを摂取して直接体内に吸収される訳ではありません。
コラーゲンはたんぱく質の一種であり、体内に吸収されると分解されて再度コラーゲンを合成します。
この時、合成するための必要な物質が体内になければせっかく摂取したコラーゲンも吸収されないまま体外へ排出されてしまいます。

ある論文では、吸収されたすべてのコラーゲンがアミノ酸に分解されるのではなく、
多くがペプチドとして体内に取り込まれるという見解があり、このペプチドがコラーゲンの合成を促進させる作用があるとされています。

このペプチドは、「低分子コラーゲン」や「コラーゲンペプチド」といわれ、通常の巨大分子であるコラーゲンを小さくしたものです。
このペプチドをビタミンCと一緒に摂取することで、よりスムーズで効果的な合成が期待出来るのです。
これこそが、コラーゲンを効率良く摂取する方法です。
用法容量を守って長期に渡って継続することで効果が期待出来ますので、短期間での過剰な経口摂取は止めてじっくりと腰を据えて付き合っていくことをおすすめします。

このページの先頭へ