骨粗鬆症

コラーゲンが含まれる化粧品

コラーゲンは肌の真皮に存在し、その上の表皮の弾力やハリ、潤いを保っている大切な役目です。
紫外線などの外部の刺激でダメージを受け、さらに加齢によって生成されにくくなります。

コラーゲンの少ない肌は潤いと弾力を失い、シワやたるみなどの老化を招くとともに、乾燥肌となってしまいます。

さらには正常な肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、シミやくすみを引き起こします。
このような状態を改善するには、コラーゲンを化粧品などで外側から補給する必要があります。
コラーゲンを補給することによって肌の水分量が保たれ、みずみずしい肌に再生することが出来ます。

コラーゲンの化粧品が肌に良いといわれるのは、コラーゲンが直接真皮へ届く訳ではなく、持っている保水効果と肌の親和性にその秘密があるからです。
親水性アミノ酸であるコラーゲンは、繊維状たんぱくであり、球状たんぱくよりも表面積が広く、保水効果に優れています。
この保水力で乾燥による肌トラブルを防ぐことが出来ます。
コラーゲンの優れた保水力は、肌のバリア機能を高め、肌のターンオーバーを正常に整えるとともに、しみやそばかすの原因である紫外線などの外部刺激から強力に肌を守ります。

このページの先頭へ