骨粗鬆症

乾燥肌とコラーゲン

皮膚、血管、骨などのあらゆる組織に存在するコラーゲンは、体のたんぱく質の約3割を占めています。
このコラーゲンには、体内で使用される優先度があります。
体の機能を維持するために、人が生きていく上で欠かせない栄養素は最優先すべき重要なところから使用されます。

このため、皮膚へと栄養成分が届く頃には、コラーゲンの量は激減してしまいます。
重要な部位でほとんどのコラーゲンが使われてしまうためです。

ここで、食生活においてコラーゲンを補給出来れば問題はないのですが、偏った食生活などの慢性的なコラーゲン不足によって、状態はさらに悪化。

皮膚へと使われるコラーゲンはほとんど無い状態です。
この繰り返しが皮膚を弱めてしまい、弾力は失われ乾燥がひどくなるのです。

コラーゲンは必要な絶対量があります。
すでに乾燥肌のサインが外面にあらわれている場合には、コラーゲンの絶対量が完全に不足している状態です。
常に体内に補給する習慣を身につけ、乾燥肌などの自覚症状が顕著にあらわれている場合には、サプリメントやドリンクタイプと併用しながら、食生活を改善しましょう。
効果がみられるまで時間はかかりますが、継続していくことで必ず変化があります。
美しさと若さは一日にしてならず。
美容と健康のために、毎日のコラーゲン補給を忘れずに。

このページの先頭へ