骨粗鬆症

老け顔を解消するためのコラーゲン

肌の土台となる神秘のおよそ70%はコラーゲンで出来ています。
肌のハリや弾力は、この真皮内のコラーゲンが支えているといえます。
螺旋状の線維組織がコラーゲであり、真皮の大半を占めています。

このコラーゲンを留めているのがエラスチンであり、コラーゲンのすき間をヒアルロン酸が埋めています。
これらの3つの構造で、水分をたっぷり含んだハリと弾力のある真皮を保っているのです。
表皮は新陳代謝で生まれ変わり、古い角質は剥がれ落ちていきます。

コラーゲンも同様に古くなったものは分解排出され、新しいコラーゲンが作られていきます。
この新しいものを作るのが線維芽細胞です。
線維芽細胞が、肌の老化に深く関わっています。

老け顔を解消するためには、まずコラーゲンの代謝を活発にする必要があります。
不要なものを分解して排出し、良質なコラーゲンを作り出すことが出来れば老け顔を解消することは容易です。
これには、体の内と外からアプローチをすることが大切です。

角質層の新陳代謝に比べ、ゆっくりと代謝するコラーゲンは年齢とともにスローペースとなります。
コラーゲンの代謝を維持するためにも、食事からのコラーゲン摂取は大切です。

このページの先頭へ