骨粗鬆症

コラーゲンと一緒に取りたい栄養素

コラーゲンと一緒に摂取すると効果的な栄養素は、ビタミンC、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ビタミンB2、B6、ビタミンE、カルシウム、グルコサミン、コンドロイチンです。

ビタミンCはコラーゲンの吸収を助けて、コラーゲンの体内合成を促します。
ビタミンCは、メラニン色素の沈着を防ぎます。

外から摂取したコラーゲンは一度アミノ酸に分解されますが、再度コラーゲンを合成する際にビタミンCが必要となります。
ビタミンEは、血行を促進し新陳代謝を活性化します。
抗酸化作用に優れ、老化を防止します。

コエンザイムQ10は、コラーゲンが合成するためのエネルギーを細胞に与えます。
ビタミンB2、B6は、肌のターンオーバーを促進します。
高い保湿力を持つヒアルロン酸は、コラーゲンとの相乗効果でハリと弾力のある美肌を保つことが出来ます。

カルシウムは、骨を丈夫にするための栄養素ですが、カルシウムの土台となるのがコラーゲンです。
骨密度を強化するには、カルシウムとコラーゲンの組み合わせが非常に重要です。
グルコサミンとコンドロイチンは、関節に不安のある方におすすめです。
軟骨をサポートし、関節を健康な状態に保ちます。
コラーゲンを単体で摂るのではなく、他の栄養素を合わせて摂ることで本来の効果が発揮出来るのです。

このページの先頭へ