骨粗鬆症

より効果的に成分を浸透させるためのコツ

コラーゲンをより効果的に浸透させるには、巨大分子であるコラーゲンを低分子コラーゲンとして体内に送り込むことが必要です。
低分子コラーゲンは、分子量が200~300程の非常に小さなもので、低分子コラーゲンを皮膚に塗ると、角質層へと浸透し、肌にハリと弾力を与え、肌そのものをふっくらとやわらかくします。
体内に入れれば、細胞と細胞の間をすり抜けて、体内の奥深くまで確実に吸収されます。

飲みやすいドリンクタイプなら、肌も髪の先まで体全体に成分が行き渡り、アンチエイジングに効果的です。
低分子コラーゲンを、日常的に体の内と外から摂取していれば、見た目は美しく健康的で、中からは究極の老化防止によって若々しく、その効果に嬉しい悲鳴があがることでしょう。
スキンケアとしてのコラーゲンは、肌の角質層を本来の理想的な状態に整えることであり、保湿効果に優れていることが最大の使命でもあるのです。
この成分について性質を正しく理解し、コラーゲンを上手に利用して生活習慣を整えることで、不老長寿ともいえる効果がもたらされます。
サプリや化粧品に頼りきるのではなく、自身の食生活を見直し、コラーゲン摂取と併用していくことで、その効果を最大限に発揮してくれるはずです。

このページの先頭へ